モービルマッピングは自動車に様々な測定器を取り付け、走行しながら周囲の情報を瞬時に取得し送信することでリアルタイムでの様々な状況を取得することができるのが特徴です。

基本的には測量のために開発された技術となっていますが、その情報量の豊富さからその他の様々な用途に利用されることも多くなっています。最近ではほとんどの自動車でカーナビが搭載されており、道路地図を確認しなくても目的地まで案内をしてくれるようになっていますが、さらに最近ではリアルタイムで渋滞情報などを確認することができる機種も非常に増えてきました。

この渋滞情報もモービルマッピングの技術を用いて取得されており、走行速度の情報などを送信することでその混雑状況を推測し利用者に通知することができる仕組みとなっています。モービルマッピングの技術はその他にもさまざまな方面で応用されており、最近では非常に小型化されその1部を利用者のカーナビの中に搭載する仕組みも確立されてきました。

移動速度の情報を取得しリアルタイムで送信することで、GPSと連動したこれらの情報をセンター側で集計し、様々な場所の渋滞情報を瞬時に把握することができるようになっています。この情報は利用者で共有することができるため、様々な公共情報では現れない渋滞の状況なども把握することができるのが特徴となっていることから、高い利便性を確保することができます。モービルマッピングの技術は単に測量だけでなく様々な分野に応用されているのが実態です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *