ドクターヘリの最大の目的とは、本格的な救急治療を行うことができる「フライトドクター」と呼ばれる医師や「フライトナース」と呼ばれる看護師を、救急現場まで迅速に派遣することです。

こうすることによって、一刻を争う緊急医療において、できるだけ早く必要な初期治療を開始することができます。これらのドクターヘリには、救急現場で初期治療を行うのに必要な医療機器などが搭載されているのが大きな特徴となっており、現場に到着したその時からすぐに治療を始めることができるようになっています。

その結果として、救命率が向上したり後遺障害が激減したり、さらには患者の重症化を大幅に減少させることさえできるようになっているのです。こうした取り組みによって、大切な医療費を抑制することにも繋がるという良い結果を生んでいます。また、ドクターヘリには緊急医療体制における地域格差をなくすという目的もあります。

ドクターヘリの特徴とも言える機動力を十分に活かして、救急患者を短時間で適切な医療機関に搬送することが可能になるからです。これによって、ドクターカーでは搬送に何時間もかかるような僻地における救急医療体制を強化することができ、地域ごとに生じる格差をなくすことができるでしょう。実際、道路を走るドクターカーでは地域による格差がどうしても大きくなってしまう傾向にありましたが、空を飛ぶドクターヘリの導入により、このような格差はなくなりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *