日本における医療体制は非常に整っていることで有名ですが、地方都市などにおいては人口減などから医師や看護師不足と言う状態が起きています。

またそのことにより地方都市などに緊急患者が出た時の対処方法が問題にもなって来ていました。高速道路なども充実して来ていますが、一分を争うような患者さんが出た時には救急車における搬送では時間が足りない地域が増えているのが事実です。その一時も争う症状を持った患者さんのために用意されるのがドクターヘリと言われ、発動することで救命効果が期待出来ることになります。

ドクターヘリとは医療設備を完備させ医薬品を搭載すると共に医師や看護師を乗せ、救急現場へ急ぎ着くことを目指し、患者さんへの治療開始が早く行うことを目的とします。ヘリを利用することで治療実施が早くなるだけでなく、入院が必要となる医療機関に必要な用意をさせることが出来るメリットが生まれます。このドクターヘリを使うことで地上搬送と比較した場合には、救命率が3割以上になっており、社会復帰が出来たと言われる人も1.5倍にもなるなどの実績を上げています。

ドクターヘリの配備においては、救命救急センターへの搬送時間が陸路では30分以上かかるなどの地域や、人口規模の少ない離島やへき地などへの配慮が必要と考えられます。まだまだ数が少ないドクターヘリですが、高齢化社会を迎えると共に地方に住む人たちの救命のためににも、数多い配置が望まれています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *