ドクターヘリは、一刻を争う救急現場にヘリコプターに医師らを乗せて駆け付ける仕組みです。

「空飛ぶ救命室」とも呼ばれ、各地で人命救助をおこなっています。ドクターヘリとは、医師がヘリコプターで患者のもとへ向かう点に着目し日本で名付けられた呼び名で、英語では「AirAmbulance」や「HEMS」が一般的です。.使用されるヘリコプターには、医療機器や医薬品が搭載されています。救急車のように患者を搬送するだけが任務ではなく、駆けつけた救急現場でけが人や急病人の治療に当たれるのが最大の特徴です。

医師や看護師の医療スタッフを現場に送り込むことを役割としており、機内で治療を行いながら救急センターに搬送するため、すぐれた救命効果を発揮しています。時速200キロで飛行でき、50キロメートル離れた救急現場に15分ほどで到着することが可能です。.ドクターヘリが出動する場合、119番通報を受けた消防本部によって医師と看護師が現場に必要だと判断した場合に要請されます。

出動する基準としては、生命の危険が切迫している、長時間の搬送が予想される重症患者、特殊救急疾患の患者などが挙げられます。基本的に夜間の運行は行われていません。救急現場に到着した医師は現場で必要な診察と処置を行い、ドクターヘリの機内で治療を続けながら医療機関へ向かいます。要請を受けてから3分以内に基地病院を離陸するのが基本です。利用料金は基本的に無料ですが、ドクターヘリが配備されていない自治体が他の自治体に搬送依頼をした場合や、処置が施された場合には発生します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *