マルチメディアメッセージングサービスことMMSは、携帯電話用のメッセージングサービスでメールのような感じです。

ショートメッセージサービス(SMS)と違って、長文や写真を添付したメールを送る事が可能で通信環境が許す範囲内の容量のメールを送ることも出来る点があって、携帯会社が提供しているメールアドレスでやり取りをする形です。MMSは日本の携帯会社によっては完全な対応が出来ない面があり、Docomoの場合にはしばらくこのサービスを提供していませんでした。ただし受信するケースであれば、iPhoneの場合に限ってメッセージアプリから受信を行う事になっていて携帯メールのアプリで受け取りをします。

iPhoneの中で設定する事でMMSが利用できるパターンになっていますが、Androidでも設定を行うことでやりとりが可能になっています。標準アプリである『メッセンジャー』が、これらの送受信を行うことが出来ます。これは無線とネットワークから標準のメッセージアプリを出して、送受信専用のアプリを変更をするという手順を行う事で利用ができるようになります。MMSはDocomoやauやSoftbankなどのキャリアであれば、使用する事ができるようになっています。

このメールアドレスがわからない場合、中から確認をとりますが、Docomoであれば『ホームサービス・機能ドコモメールメールの基本設定』経由から、SoftbankならばMySoftbank』からです。さらにauになると機種で変化していてiPhoneは『auサポートメール設定』からで、Androidは「auメール/Eメール」アプリからといった具合で違いがあるので会社の乗り換えの時注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *