モービルマッピングは車で走りながら周辺の情報を収集することができるシステムです。

いままで行われていた測量と映像を一度に取得できることから、短時間で多くの情報が入手できるメリットがあります。これからのデジタル化の時代には、欠かせないものです。モービルマッピングの基本構成はGPS受信機とレーザー測量計、高解像度の全方位カメラです。

これらを車両に取り付けて走行することで、GPSで測位した地点の映像とレーザーで測量した一データが記録されます。収集したデータはそのままでは使えないため、後処理に回されます。後処理とは、それぞれのデータをつなぎ合わせて意味のある情報に変換する工程です。

レーザーによって測量されたデータは点の集まりで、計測地点の情報を構成します。それによりどこに何があるかと言う位置関係はわかるようになります。車両からの距離は正確なので、大きさや形は正確です。でも、それだけでは人が理解できるような形にはなっていない状態です。モービルマッピングでは、全方位のカメラ映像があるため、点画と映像を重ね合わせることで、何がどこにあり、何色で何が書かれているのかが明らかになります。それによって、その場所に行かなくても多くの情報を得ることができる素材に生まれ変わります。ゆくゆくは三次元のマップとして活用されたり、歴史的な記録物として保管されるようになるはずです。もう移動しなくても好きなところに旅行に行ける日がくるかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *