モービルマッピングとは、自動車の屋根などに3次元のレーザ計測器やデジタルカメラ、GPS受信機を取り付け、道路やその周辺を3次元座標データと連続映像を取得するシステムのことです。

記録したデータは3次元にして表示することができ、道路維持管理の効率化や高度化を行い、安全管理などに活用でき現代社会の生活サイクルを高度化しています。今までは測量しても平面なデータしか得られず、地図や航空写真が主でした。しかし、モービルマッピングによって3次元データを得ることができ、活用の幅が広がるようになりました。モービルマッピングのメリットは、一度に大容量のデータの取得が可能なところです。

そして、測量とは異なり自動的に3次元の立体データに変換することができ、情報収集の作業が大幅に効率よくなります。都市計画を進めやすくなり、長距離の運転の道路などのデータを得ることに長けています。反対にデメリットもあり、車両が走る場所しか情報を収集することができず、道路の周辺に障害物がある場合にはデータは正確ではありません。そのため完璧なデータを作ることは不可能ですが、道路の路面上の把握や建物の外観、電柱の位置などを瞬時に把握することは可能です。

以前は、道路上の状況などは作業員が行っていて、異常があれば交通規制や調査に時間がかかっていました。作業員には専門的な技術が求められ、事故に合う危険性もありました。このシステムが普及することによって、人的コストが大幅に抑えられるようになりました。また、最近では災害前と災害後の情報を比較でき、災害の被害を調べることにも活用され始めています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *