モービルマッピングと言えば、全周囲の映像とレーザー測量によって三次元の地図を作ることができるシステムとして有名です。

従来のビデオ映像と異なり、まるでそこにいるかのように視点を変えられることに衝撃を感じる人も多いでしょう。でも、それは一部の技術であり実際にはもっと有効な活用方法があります。

モービルマッピングで得られるデータには、映像の他にレーザーによる位置情報があります。レーザー光線を発射し、その反射を読み取ることで、時間差から位置を特定することが可能です。レーザーは走査されるので、照射ごとに位置がわかります。つまりそれぞれの光線の反射したところに、点があるようにデータを加工することができます。この位置データは測量と同じぐらい正確なため、視覚よりも正確に周辺の情報を理解することが可能です。

そのため、それぞれの構成物の大きさや形が明確にわかります。それを確認することで、位置のすれなどがないかを確認することもできます。また、時間の異なる同じ一のデータを時系列に並べることで、物の変化を確認することが可能です。例えば樹木の成長や、壁や道路、看板などの位置や大きさを確認して、異常がないかを確認したり、基準を超過していないかを見ることができます。このようにモービルマッピングは、レーザー測量によって位置や大きさなどを確認して、メンテナンスや拡張などの計画に役立てることが可能です。人が確認するよりも正確なので、とても有効です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *