空撮とは、航空機やヘリコプターを使用して上空から撮影することです。

空撮は映画の制作や報道現場など様々な場面で行われ、情報発信の役割を果たしてきました。かつての空撮は航空機内で人間がカメラを所持して撮影するのが一般的でしたが、技術が発達した現代では無人で操縦可能なマルチコプターやドローンが使用されるようになりました。マルチコプターはヘリコプターの一種で3か所以上のプロペラを搭載し、操縦にはそれぞれのプロペラの回転回数を増減しながら上下移動や水平飛行などの制御を行います。

一方でドローンは無線電波を利用しながら自立して動く無人機全般を意味しています。ドローンの語源はオスの蜂で、飛行中の機械音が蜂の飛ぶ音に似ているということからドローンと名付けられました。元来は軍事目的で敵地の偵察や監視にドローンが使用されていましたが、現代では業務用だけでなく、プライベートで利用する人も多くなってきました。無人機にデジタルカメラを搭載し趣味で撮影をする人も見受けられます。

マルチコプターとドローンの違いは自立航行ができるかどうかで区別されます。マルチコプターの中で自立航行が可能な機械がドローンとなります。市販されている無人機は大半がコントローラーによって操縦するため、厳密にはドローンでないマルチコプターです。空撮目的の無人機の使用には様々な法規制がありますが、今後も頻繁に使われ、ますます便利な世の中になると言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *