一昔前の空撮といえば飛行機やヘリコプターなどから撮影するものがほとんどでしたが、今ではドローンの誕生によって誰でも手軽に空撮に挑戦できるようになりました。

ここではこのドローンによる空撮について紹介していきます。実はドローンといっても重さなどの規格があり、それぞれの規格で適用される法律などがあります。その中でまず誰でも簡単に操縦できるトイドローンについて説明します。このトイドローンは重さが200g未満の小型のもので、飛行が許可されていない場所や高度、などを気を付ければ比較的自由に飛ばすことができます。

外見は小さくておもちゃのようなものが多いですが、その機能はしっかりとしていて撮影用のカメラがついていることはもちろんのこと、自動追従機能やホバリングなどの操作が容易にできるものなど初心者でもすぐに楽しめるような機能がついているものがたくさんあります。本格的なドローンに挑戦する前の入門機としてもオススメです。次に200g以上のドローンについてです。トイドローンの説明で小型のものとありましたが、サイズが小さくても200gを超えたらこちらの条件が適用されます。この規格のドローンを飛ばすために必ずしなくてはならないことが、国土交通省への申請です。

200g以上のドローンには航空法が適用されるため、国土交通省から飛行許可をもらわなくてはなりません。さらに細かい飛行ルールなどもあるので、それらをしっかり確認して理解することが必要です。誰でも手軽に空撮に挑戦できる今なら、テレビのような映像を撮ることも夢ではありません。上記で紹介したもの以外にも各規格に適用される条例や法律などがあるので、素敵な映像を撮るためにもまずはしっかり確認しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *