空撮とは、その名の通り飛行機やヘリコプターなどを用いて空から撮影することです。

以前は報道やドラマまたは映画の撮影などに利用されることが多かったのですが、近年ではドローンの普及により一般の方でも気軽に空撮を楽しめるようになりました。ほかにもヒートアイランドの調査などを目的とすることもあり、その場合は赤外線カメラが使用されることもあります。空撮といっても軽飛行機やヘリコプター、ドローンに加えてクレーンでの撮影と様々な種類があり、許可申請が必要なものもありますので、目的や予算に合わせて方法を選ばなければなりません。

軽飛行機での撮影ではドローンやヘリコプターより高度を上げられますし、ヘリを借りるよりは安価な傾向があります。広大な場所を撮影するときはよいですが、一箇所にとどまっての撮影はできません。ヘリコプターの場合は比較的長時間飛ぶことができ、ホバリングが可能なため一点に集中して撮ることができますが、費用は高くなりがちです。クレーンを使用した空撮は、上空を飛ぶことがなく地上から固定された状態で撮影するため、安定感があり失敗してもやり直しができます。ただ固定されている分、ある程度の範囲しか撮影できないのがデメリットです。また地上にクレーンを固定しますので、撮影できる場所も限られます。

ドローンによる空撮はほかの方法に比べて非常に安価で、個人でも手に入りやすいものなので手軽に撮影できるのが魅力です。ごく小さいので狭い場所や接近撮影などができるのも強みです。ただ高度制限や人や物から離れていなければならない距離があるので、ドローンを使用する場合は注意しなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *