MMSは車載された装置を活用することによってGPS座標の空間情報を取得できるシステムです。

従来は人が撮影や測量に行ってきたことが、比較にならないぐらい簡単に行うことができます。基本的には車が通過できるところであれば、どこでも適用可能です。MMSで取得できるデータとしては、GPSの位置データやレーザー測量による点群データ、高精度な全周囲の映像があります。これらのデータは普通の走行をしているだけでそのまま蓄積されていきます。対向の車や通行人、駐車車両などが障害となった場合には、もう一度走行すれば良いだけなので、あまり負担になりません。取得したデータは、後から解析されていろいろな情報に加工されます。

まずは点群データから位置情報を取り込むことで物の位置や形を特定することが可能です。そこに映像として保存されている画像を当てはめることで、視覚的にもわかりやすくなります。あとは映像の位置と位置情報が一致すればそれが空間情報として利用できるようになります。MMSで取得したデータは、目的によっていろいろな加工を行うことができます。例えば3Dマッピングなら実際の風景のように構築することが可能です。

施設のメンテナンスに利用する場合には詳細な位置情報が役に立ちます。だから一度取得したデータを、そのあとでいろいろな情報に切り替えて、ニーズに合わせて対応することが可能です。だからこそあやめに必要な場所のデータを取得していることが優位になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *