MMSを使えば空間情報を簡単に取得できます。

ただし、残念ながらそれだけでは価値がなく、あとでデータを加工して、使える情報に変換する作業があります。その作業は地道で今期のいる作業になります。取得されたデータが活用できるまでは、かなりの時間を要します。後処理は複数のMMSからきたデータに対して行いますので、かなりの数になります。ただでさえ加工に時間がかかるのに、複数の担当者から送られてデータを全て確認するだけでも根気のいる作業です。そこで考えられているのがリアルタイム分析です。

車両のもどりを待つのではなくリアルタイムにモニタを観察できれば問題ありません。MMSのデータは、走行後にドライバーなどの担当者が後処理係に渡します。この方法だと運行が終わるまでデータの触れることはできません、就業が遅くなれば、それだけ処理できる時間が遅くなっています。それをクラウドなどを導入してリアルタイムで情報が送れるようにするだけで、処理速度は各段に上がります。

リアルタイムにデータを渡すことができれば、測定の質が悪い時に指摘することが可能なので、あとから取り直しをしなければいけないケースを減らすこともできます。これからはトータルで時間を短縮して、早期に情報を提供することが求められるようにあります。最終的には自動でリアルタイムにデータの加工ができるようになるでしょう。そうなれば後処理と言う工程自体がなくなるはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *