携帯電話でメッセージをやりとりする機能としては、SMSとMMSがあります。

しかし、SMSとMMSとは一体何が違うのかよくわからない場合もあるかもしれません。ここでは、これらの違いについて説明します。SMSはショートメッセージサービスの略称、そしてMMSはマルチメディアメッセージングサービスの略称です。SMSは、電話番号宛にメッセージを送ることができます。そのため、キャリアが異なる携帯電話同士でも電話番号さえ把握していれば、メッセージのやりとりをすることができるのが特徴です。ただし、送受信できる文字数に制限があるほか、画像などのファイルのやりとりはできません。

また、利用している端末やアプリによって送受信できる文字数は変化します。一方でMMSは、それぞれの携帯キャリアの独自のメールアドレス宛にメッセージを送ることができます。文字数の制限はなく、画像などのファイルの送受信も可能です。また、SMSとは違いメッセージに件名をつけることもできます。なお、通信料に関してはSMSの場合には送信する場合のみ料金が発生します。70文字までのメッセージであれば1通につき3円かかり、文字数に応じて加算される仕組みです。

670文字までが上限となっていますが、最大で1通につき30円の料金がかかります。一方で、MMSはパケット通信を利用してメッセージの送受信を行います。そのため、パケット定額サービスを契約していれば、送受信とも無料です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *