日本は四季折々の自然風景が楽しめる地域であると同時に、自然災害が毎年頻発する過酷な環境でもあります。

自然環境は人々に食物の恵みと美しい景色を与えてくれますが、同時に地震や洪水や土砂崩れ等、甚大な天災も与えるのです。大昔の頃から日本列島は天災が頻発する地域であり、自治体や企業はその対応に追われて来ました。地球温暖化の影響から、特に現代社会では未曾有の自然災害が列島の各町で頻発し始めました。

今まで以上に天災対策にはコストと人員を投資しなければなりません。しかし自治体にしても企業にしても、使える予算と人員には限りがあります。限られたリソースをどのように活用するか、災害対策の部署のリーダーは頭を悩ませているはずです。災害が起きやすい場所、地震や水害が起きたら甚大な被害が出やすい場所を空撮によって予め割り出しておきましょう。前もってリスクが大きい地域を調べておけば、そこに集中的にリソースを充てられます。ドローン空撮の専門業者に相談すれば、低コストで自社周辺の環境調査が済ませられます。

また飛行機やヘリを所有する専門会社に空撮の相談をすれば、街のハザードマップ作成に役立つ情報が得られるでしょう。災害対策の基本は、起きる前からどれだけリスクに備えられるか、という点です。空撮なら人の目で確認できない危険な地域も確実にチェック出来ます。一昔前に調査が済んだエリアも今一度、再調査しておきたいものです。自然環境は月日の経過で様変わりしやすく、以前は安全なエリアでも、今現在は災害発生のリスクが高まっているかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *