空撮とは、文字通り空中からの映像撮影を楽しむ事です。

以前はヘリや航空機をチャーターし、さらにカメラを持ち込むなどの苦労がありました。ですが現在、空撮で主に使用される機材はドローンという無人航空機がほとんどです。ドローンによって空撮の技術は飛躍的に進化を遂げました。リアルタイムで迫力のある映像を撮影する事が可能ですし、小回りが利くのであらゆる角度から被写体をダイナミックに映す事が出来るようになったのです。

しかも持ち運びも便利ですし、現地で組み立てて飛行させるだけという手軽さもあります。今ではドローンの技術を証明する資格や、取得のための専門学校があるほど人気です。一般人でも手の届く趣味として親しまれている面もあり、トイドローンなどは一万円程度で購入する事が出来ます。ドローンを飛行させ快適な空撮を楽しむためには、法律を守らねばなりません。ドローンに携わる法律としては航空法などが知られており、申請が必要な場合やそうでない場合などが明記されています。

空港周辺・150メートル以上の上空・人家の集合地域、これらの3つの地域で飛ばす場合には、事前に国土省への許可を得る必要がある事も知っておきましょう。これらの条件に一致する地域かどうかを判定するためには、国土地理院が提供する地図で確認する事がベストです。許可申請が必要な地域は、赤く色が塗られています。インターネットでも地理院地図は確認する事が可能となっており、飛ばす前には必ずチェックが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *