最近では最高気温を記録するなどの異常気象や豪雨による被害が発生して、その対応に追われている自治体が多くあります。

特に生活道路に関しては早期の復旧が不可欠です。ただし、全ての道路をすぐに補修できるほど予算は潤滑ではありません。そのために優先順位をつけて、必要性の高いところを先に実施しなければいけません。MMSは車に高解像度カメラやレーザー測量機を取り付けて、走行しながら位置や空間の情報を取得するシステムです。人が行う測量と比べて短時間で広範囲をカバーすることが可能です。

また、最も異なる点は、測量データとカメラの映像が一緒に取得できるので、数値と映像を合わせて確認することができます。MMSを使えば路面の変形を変異した量で確認できることやその場所の映像を重ねてみることができるので、その場で確認するのと同じぐらいの情報量を得ることが可能です。だからどの程度の緊急性かを判断するのに大変役に立ちます。どれだけ大変かを口頭で説明を受けるよりも実際に目で見た方がわかりやすいのは当然です。MMSは情報の取得だけを行うシステムで、データの処理は後からニーズに合わせて行うことができます。

そのため、目的に合わせて現地に行く必要がありません。蓄積された情報を加工するだけで三次元映像や変異量のマッピング、今後の変化の予想などに活用することが可能です。必要なのは、定期的な情報の取得とその適切な保管です。情報があれば、いつでも利用可能になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *