測量をするためには特別な技能を必要とするので、資格が必要になります。

経験によって測量時間ばらつきがあるため、正確で迅速な結果を得るためには、それなりの従事経験がなければいけません。詳細な空間情報のニーズは高まっていますがそのような人材は、なかなか確保できない状況です。そんな時にはMMSを利用すると簡単に問題解決できます。MMSは車にレーザー測量機が搭載されていて、GPS受信機によって位置情報を得ながら、その地点の測量を行うことができます。

また、高解像度の全方位カメラが付いているので、同じ地点の映像も見ることが可能です。車で移動するだけで、自動で測量が完了するので、特別な技能は必要ありません。運転免許さえあれば問題なく従事することができます。MMSのメリットは、短時間で広範囲の情報を取得することができる点です。車で移動したところは、そのままデータとして蓄積されるので、人が移動するよりも数倍も早く測量することが可能です。

車が移動できるところであれば問題なくデータの収集を行うことができます。取得したデータは後処理工程に回されて、映像やGPSデータと合わせて目的に合わせて加工されます。三次元の空間情報に変換することも可能です。カメラの映像だけでなくレーザーの測量によって得られた位置情報は正確な三次元データを作り出します。だから出来上がった空間情報は、まるでその場にいるような感覚になるほどの正確さです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *