空間情報は非常にわかりにくい言葉の定義と考えられることも多いものですが、これは近年の様々な情報発信の中で1情報を基準にした様々な付帯情報を示すものと考えるのが一般的です。

例えばある場所に新たな店舗がしたり、もしくはその場所に住んでいる人の情報などは全て空間情報と定義されることができるのです。そのためこれらの情報を効果的に利用することで様々な用途に効果的に利用することができます。古くから存在する空間情報に、郵便物や宅配便の宛先があります。これは住所と言う位置情報とその宛先となる名前が空間情報と定義されるのです。

すなわちこの住所に宛先となる人が居住していると言う情報から、郵便局員や宅配会社の社員は荷物を届けることができると言うメリットが生まれます。この原理を応用して最近では様々な用途に利用されることも増えており、またその情報を効果的に利用したサービスなども展開されているのが実態です。しかし、空間情報を取り扱う際には非常に難しい面もあります。これは宛先の場合には個人情報保護法の対象となる氏名等が扱われることが多いためです。

住所に関連付けられた氏名はその場所にその名前の人が存在すると言う情報につながり、これが悪用されると様々なトラブルを招くことになりかねません。そのため、サービスを提供する場合には第三者に対してこれらの情報が漏れないように注意をすることも必要です。非常に取り扱いの難しい情報となることも意識して利用することが必要となるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *