空間情報は位置情報に様々な付加的な情報を加えることで成り立つものですが、その利用方法には様々なものがあります。

そのため、この情報を整理することでより高い効果を上げることができることが知られており、様々な分野に応用されています。そのなかでも特に注目されているのが、広告宣伝への応用です。自動車での走行中にカーナビに空間情報を与えることで利用者の興味を引く近隣の情報を表示することで、その近隣の店の利用を促進したり、イベントの集客効率を高めるなどの用途が期待されているのです。

加えて、店舗の存在をアピールするような情報を提供することも非常に重要な手段となっており、効果的な顧客誘導をすることができるものと期待されています。空間情報を利用するメリットはこれだけではありません。韓国施設の中で現在行われているイベントの内容をその位置が近くなった場合に知らせたり、ショッピングモールの中で店舗で行われているセールなどの情報を提供したりといった応用が考えられ、その一部は既に実現されています。

このようなさまざまな情報を位置情報に連動して提供することで、その場に合わせて最適な効果を生み出すことができるのがメリットとなっているのです。空間情報はスマートフォンの普及やカーナビの普及によりより高い効果を生み出すものと期待されています。今後も様々な効果を生み出す組み合わせが考えられて実現されると考えられているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *