空間情報は様々な定義が考えられますが、その中でも最も一般的な定義が位置情報とその他の様々な有益な情報との連携で構成される新たな情報と言うものです。

これはGPSなどで表示される地図上の位置に対して、そこで何が行われているのかといったものやどのようなものが存在しているかといった内容等が連携されることで、新たな効果を生み出すものとなっています。そのため、例えばカーナビなどで住所を検索した場合に、その住所の時点でどのような店舗や施設が存在しているのかを連携させること自体が空間情報と定義されているのです。

この空間情報を用いた広告宣伝が非常に高い効果を生むと考えられており、最近ではその仕組みをスマートフォンやカーナビなどに利用することで効率的な広告宣伝を行おうとする動きが非常に顕著になっています。従来からその発想はありましたが位置情報を正確に把握することができないことや、従来の携帯電話等では情報の表示量が非常に少なかったことなどもあり、これらの効果を適切に示すことができませんでした。

近年ではGPSの精度の向上やスマートフォンの機能の向上などにより豊富な情報を適切にその位置で提供することができるようになっているため、高い効果を生み出します。空間情報の公共的な利用方法にはナビゲーションシステムが非常に身近なものとなっています。あらかじめ設定された地点に到着すると次のルートを表示したり、付近の施設や店舗の案内を行ったりと空間と様々な情報との連携がこの中で実現されているのです。その内容を広告宣伝とすることで非常に効果的な情報を提供することが可能となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *