航空レーザー計測は、航空機に搭載したレーザースキャナから地上にレーザーを照射し、地上から反射してくるレーザー光との時間差によって距離を算定する測量方法のことです。

計測されたデータから地形モデルや等高線を自動作成できることに強みを持っています。航空レーザー計測の実施で優れている点は、山間部の道路計画を立てたり、造成計画で樹木を伐採しない状況で計測ができ、しかも高精度な地表面のデータを取得することができるのです。災害防止にも役立ち、空中写真測量で作成した地形図には盛り込むことができない、落石発生源や崖の様子を見ることができます。

空中写真測量に比べて、地形を詳細に表現することが出来るので、土工法面形状がよりはっきりととらえることができます。従来の平均断面法で測量するより航空レーザー計測を取り入れたほうが、素早くより緻密な計画土量などを計測できますから、コスト的にも時間的にも効率的に作業を進めることができるのです。

現場導入する上では、道路計画や造成計画などを3次元データを用いて設計することが可能になります。防災などに活用することで、既存の点検資料との比較や危険個所をリアルに3次元で把握することができるので道路防災や落石箇所の特定などをすることが出来ることになるのです。他の計測装置で得られたデータを合成して分析することで、より詳細なものにすることができ精度をアップさせ高い地形モデルにすることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *