航空レーザー計測は、航空機を活用して空から地上に向かって計測を行う方法で航空機の速度が速い点があり、計測が捗る点でも支持されています。

実際には飛行方向に対してスキャン幅が決まっているので、広範囲を次から次へと計測でき、しかも人が地上からでは辿り着くことができない地点の情報を計測することができるメリットもあります。広範囲を一気に計測をすることが出来る点でスピードに優れ、しかも誤差を生じない様な仕組みにもなっています。実際に航空レーザー計測では、計測を行う航空機の位置情報・傾きなどを知ることがポイントになります。

その理由にはスキャン幅が決まっていると言っても、位置情報や傾きに左右されるからとなります。それにより精度が担保されているといっても過言ではありません。その上でレーザー光を地表に照射を行い、その反射波を取得して状況を読み取る形になります。当然に建物が建っている状況下では、直ぐに反射波が返ってくるのでその時差を利用して地表の状況を読むことが可能です。近年は検索マップでも写真で地表を見ることが出来る状態になっておりますが、その場合も航空機を利用しています。

ただ写真撮影では状況を示したものだけであり、高さなどのデータを表示しているわけではないことに注意を要します。航空レーザー計測を応用すると、例えば震災・水害などが発生した時に、その影響がどのくらいかを予測することにも繋がります。災害などの発生を予見することもできる点でも優れ、他にも地上の状況を真上から見た状態で分析することができるので、データ化しやすいのもメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *