航空レーザー計測は名前から分かるよう航空レーザーによるものです。

3次元計測で、XYZの点群データを得るための技術を用いたものになります。地形表現方法である数値表層モデルなどを作成する際に航空レーザー計測が行われますが、そのデータは防災や農業、あるいは道路や河川などにおいて活用されます。陸上部だけでなく水底部も航空レーザー計測することが可能です。また色々な図を作ることもできます。段彩図という分類ごとに色分けしする図、陰影図という地形の起伏状況を分かりやすく現した図、陰影段彩図という2つの図を合わせた図などがあります。

コンピュータ上でシミュレーションに用いる鳥瞰図を作る人も多いでしょう。固定翼による航空レーザー計測では広い範囲を測ることができます。飛行スピードが回転翼より早い、且つ1回の飛行時間が長いゆえです。もちろん回転翼と同じく高密度なデータを得ることができます。密度に関しては0.5ミリ~1.0ミリです。

また機体の姿勢は安定していますし、直進性もすごく高いです。回転翼の場合は1回の飛行時間が少し短いので一定範囲の計測をしてください。地形に応じた柔軟な飛行が回転翼では可能ですから、路線や山間部などを測りましょう。低い所から測ることが可能なので高密度のデータ得ることができます。航空レーザー計測はその知識や技術がない人には行えないかもしれません。自信がない人は専門の業者に依頼してください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *