空港にいくとtかうさんの航空機が飛んでいて、離陸していく航空機があれば着陸する航空機もあります。

近年飛行機の写真を撮る人が増えていて、カメラが身近な存在になり航空機を乗る物から被写体として扱っている人が多いです。飛行機にはさまざまな種類があり、例えばジャンボジェットのような機体や小型機など、空港に行くといろいろなバリエーションを楽しむことができます。飛行機を撮影するには天候に左右されることが多く、晴れの日があれば雨の日もあるのでどのような作品を残せるか奥の深い世界とも言えるでしょう。

飛行機を撮影する際、300km/hで飛行している機体を撮影することになります。飛行機までの距離が遠い場合、300km/hもあるように早く動いているとは見えません。ポートレートや風景写真とは違っていて、カメラを動かしながら撮影することになるでしょう。昼間だと三脚を使用しなくても、軽量だったり小型のカメラやレンズで効果的に撮影をすることが可能です。

カメラを始めたばかりの初心者も動くもの対応することができるカメラがあり、初めて飛行機をおさめるなら小型で軽量のモデルがおすすめです。自動ピント合わせ機能が搭載しているものも多く、この性能が高ければ高いほど動きに追いつきやすくなり、ピンボケのない写真を実現することができます。いろいろな種類のものが販売されているので、撮りやすかったり軽いものから挑戦してみると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *