空間情報データというのは、空間という名前が示すとおり、何か三次元的なものの位置情報を表すこともあります。

三次元的な空間内のどこにどのようなものがあるのかをデータとして持つことです。バーチャルリアリティなどを実現するためにはこのような空間情報が必要であることは間違いなく、実際に利用されるシーンも増えてきています。ですが、そのような三次元的な情報のことではなく、単に二次元的な地図の上に何か別の情報を重ね合わせて持つことを指すことのほうが多いようです。

例えば観光案内などに応用することが考えられますが、地図上の観光スポットに対して二次元バーコードの情報を重ね合わせて持たせておき、旅行者がスマホをかざせばそのスポットの情報が得られるように設計することなどが考えられます。この場合、数学的な意味での空間情報が使われているわけではありませんが、地図と観光案内とを別々に持たせるよりはリアリティがあり、より魅力的な情報発信になることが期待できます。別の応用としては例えば企業の営業活動に使うこともできるでしょう。

地図上に、既存顧客や見込み顧客の住所や実際の購入履歴などを重ね合わせて見える化することにより、効率的な営業活動を行うことができます。これらはあくまで応用の一例に過ぎず、アイデア次第ではありとあらゆるものに使えるかもしれません。複数の情報を同時に見えるようにすることで、今までになかった発想が生まれることもあるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *