空間情報とは一般的に地球上の3次元空間において、地理空間情報とも呼ばれるある特定の地域地点及び区域の様子状態に関する情報を指し経度高度緯度や住所等具体的な位置を示す情報と、地形主題図等の地図データや人工衛星による画像、空中画像情報を加え人口データ等の統計データを言うものです。

関連する用語にはNGAやGISの他、平成19年5月に公布された地理空間情報活用推進基本法や測量等があります。空間情報学では、これら地理及び空間を対象とする様々な情報を扱う為のテクノロジーを研究したり、地球科学や地理そのものに関する問題課題に活用、日本のみならず海外の大学等にもこの情報学を学ぶ専門科が配置され、それぞれの学内で身近な地域から地球規模にわたる多様な環境情報を収集し、モニタリングやモデリングの他予測や計画これらに関わる一連の方法論を日々研究しています。

平成17年には認定機関による空間情報統括監理技術者資格制度が設けられ、情報の活用運用から管理におよぶデータの品質やマッチング、この調達方法を含め価格に及ぶクリアすべきハードルを越える為の厳しいコンサルテーション能力を技術者に求めるものです。シンポジウムも開催されており、これに多くの関連団体や地図に関するコンテンツ企業並びパートナー企業等が参加し、新しい製品の発表紹介やソリューションのデモンストレーションイベントを実施しています。何気なく暮らす日常空間を多角的に見て情報を得るというのは大切な事です、

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *